Home > 建築 > エアコン その一

エアコン その一

この夏、エアコン設置についての相談を何件かいただきました。

実はこれまで、エアコンの設置にあまり積極的ではなく、
「ひと夏過ごして様子をみてからにしませんか?電源は用意しておいて。」
などど提案することが多かったのです。
しかし・・・反省しました。
熱中症の怖さを知ったこともありますし、
自分自身の冷房嫌いから(ガンガンの冷房でよく体調を崩していたので)
最近のエアコンの進化や上手な使い方をちゃんと勉強せずにいたことに
気付いたからです。


一昨年の秋に完成したO邸
周囲が林や田畑で虫がとても多く、昨年の夏はなんと
夜になったら窓を閉めて過ごしていたそうです。
(網戸があっても虫が入るそう・・・)
その上来客がとても多いお宅で、「お客さんの多い夜はさすがに暑かった」
という訳でエアコン設置となりました。(グッドタイミングでした。)
選んだ機種は、快適性を重視した多機能なものです。
・人や部屋の状況を見て、必要なだけ空調
・外気温を感知して運転停止を勧めてくれる
・ミストでお肌を保湿
・空気清浄効果あり
・自動でおそうじ
などなど、なんだかすごいことになってます。
Oさん「ホントかどうか、いろいろ試して報告しますね~」、だそうです。

それから、エアコンは暖房器具としても効率が良く、かなり優秀です。
特にO邸はスラブヒーター(蓄熱暖房の一種)を採用していて、
温度コントロールしにくいのが難点でした。
そのあたりを上手く補い、秋や春先の暖房としても
活躍してくれるのではないかと思います。


後付けの場合、断熱気密層を出来るだけ傷つけないように
こんな部材を使います。

Comments:0

Comment Form

Home > 建築 > エアコン その一

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top