Home > 建築 > メーカーのわざ

メーカーのわざ

先日、建主さんと一緒に、設備機器ショールームに行きました。
しかし、よくまぁ次々と考えるもんですねー、メーカーさん。

○近づくとセンサーで蓋が開くトイレ
 さらに、便器に仕込んだ小さなライトがほのかに点灯するんだって。
 夜中トイレに起きて電気をピカッとつけると、その後の
 寝つきが悪くなる場合があるので、それに配慮したらしい。
 そうすると、トイレまでの道筋も、フットライトなどで完璧に
 配慮しなくちゃいけませんね。
○冬ヒヤッとしない便座暖房は常識ですが、
 今度は、夏ベタッとしない便座が出来たそうです。さらっとさらっと。
○落とした生ごみが自然と排水口のごみ受けに集まるように、
 水栓位置、微妙な勾配、排水溝を工夫したキッチンシンク。
 何もそこまでしなくても、と思わなくもないですが、
 案外、数年後には常識になっているかも。
○セラミック製のワークトップ。かっこいいけど・・・
 まな板いらず?そのうちヒーターも完全一体化して
 ワークトップで直接ステーキとかお好み焼きが出来るとか?
○お湯をカッチッとセットしてやるだけで自分で洗っちゃう換気扇。
 主婦(夫)の夢?
○写真は、油分を非常に良くキャッチするという、換気扇内の部材。
 こういうのは、長年の経験から生まれた職人芸という感じですね。
IMG_1421 - コピー

 

Comments:0

Comment Form

Home > 建築 > メーカーのわざ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top