Home > 建築 > 職人

職人

現場に着いたのはちょうど午前の一服の時間でしたが、
大工さんたちが建築中の建物の方をじっと見つめています。
視線の先では、二人の職人さんが休憩も取らずにシーリング工事
(部材間の継ぎ目に防水材を充填すること)の最中で
その仕事ぶりが大工さんに言わせると「すごく速くてきれい」。
大工さんはちょっとしたシーリング工事は自分たちでやってしまうことも
あるので、手際の善し悪しが良くわかるのでしょう。
現場は北上、工務店は遠野、そしてそのシーリング屋さんは大船渡。
その工務店では、現場がどこであってもいつも彼らに頼んでいるとのことでした。
近くで見てみるとまだ養生テープの段階でしたが、その貼り方が、
なんというか、スタイルが確立されている感じでとても美しいのでした。
シーリング工事は本当に地味な仕事で、建て主さんに気付いてもらうことも
ほとんどないのではないかと思います。
それでも小さな工夫を積み重ね、きっちりきれい、素早い仕事。
そしてあちこちの現場からひっぱりだこ。(たぶん)
その職人さん、ピアスのよく似合う若者でした。
かっこいいなあ。


Comments:0

Comment Form

Home > 建築 > 職人

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top