Home > 建築 > 紺屋の白袴

紺屋の白袴

4月です。
今日の雨で庭の雪も完全に融けました。

先日、長い付き合いの建材会社営業マンが来て、
「窓枠、塗りなおしたほうが良くないっすか?
お客さんの手前もあるし~」と言われてしまいました。
大枚はたいて取り付けた輸入物の木製サッシ、
見ないふりしてましたがホントは気になってましたよ、私だって。
建築時と3~4年後の2回だけ、自分で(!)防腐塗料を塗りました。
それも透明塗料なので、そもそも耐久性に劣るというのに
(保護のためには顔料が大事なのです)
ずっとずっとメンテしていなかった・・・
うん、やりますよ! 来年かな?(おいっ)
今度は渋い赤にするつもりです。

IMG_1115.jpg


大工さんに作ってもらった外物置のオリジナル吊戸。
戸の下のほうがバタバタするのを防いだり、止まるべきところで止まるように
ガイドやストッパーといった金具が必要なのですが、まだついていません。
設計者の怠慢です。(私だ。納まりが結構やっかいなもので・・)
とりあえずということで、砂袋で押えてあります。
キャンプなどで使うアレです。
少し前から袋が破れて砂が流出。いよいよ金物を、
・・・とはならず、新しい砂袋で押えました。
あと2つあるのでしばらくこのままだと思います。

IMG_1117.jpg


以下は薪担当(夫)の仕事と判断。
昨年はたっぷり薪を用意出来て、
置場に納まりきらず、庭の真ん中に積み上げてありました。
使い残した薪、置場に移さずに来シーズンまでこのままのようです。
しかも、傾いて倒れかかっているのをつっかい棒で抑えてますよ~。

IMG_1116.jpg

Comments:0

Comment Form

Home > 建築 > 紺屋の白袴

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top