Home > 建築 > 古民家改修

古民家改修

町なかの古民家にしばしば見られることですが、
道路が徐々にかさ上げされ、幅も拡がり・・・
気づいたら、土台が道路より下に、屋根もはみ出して。

こんな状態の古民家の改修が進行中です。
かなり痛んだ土台はクリ材に交換、柱も一部根継を行いました。
全体を持ち上げ、少しだけ移動させて(屋根がはみ出さないように)
新しい基礎の上に載せます。



大きなお屋敷の中心にある明治期の座敷と
表の通りに面した大正期の見世は、
上記の処置と構造補強のみ行って、ほぼ現況で保存。
奥の、継ぎ足しや改修を重ねた部分は、
取り壊して新しい生活空間をきっちり建て直し。

Comments:0

Comment Form

Home > 建築 > 古民家改修

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top