Home > 2015年04月

2015年04月

雨漏り補修

先日は福島で蔵の改修の打ち合わせ。
震災で土壁が一部落ちたままの蔵を、
「離れ」として改修します。

もう一つの相談事は、既存倉庫の補修について。
この建物、柱の間に無垢板を落とし込んだ造りなのです。
築20年程度の建物としてはかなりめずらしい。
まるで神社。ある意味贅沢。
以前から、木の隙間よりじわじわと雨水が浸入していたそうです。
内外ともに空気に開放されていれば、それでも乾いてくれますが、
建物の一部は大きな冷蔵庫になっていて、
内側は断熱材(ウレタン)で密閉。
水分の逃げ場がなく、ついに土台まで腐った、と。

ちょっと変わった事例でした。

P1090159.jpg
土台の上に苔が発生してます。

Replan vol.48

東北エリア向けの住宅雑誌 「リプラン」最新号、本日発売です。

今号の特集は、
「30代 共働き 子育て世代の家づくり」
その中で、「Extra 家づくりのセンパイに学ぶ」として、
「滝沢S邸」が載っています。
10年前の竣工で、もう30代ではないのですけど、
子育てまっさかりのお宅です。

リプラン001

秋保の家

打ち合わせが延期になった間にあれこれ考え、
変更案をつくりました。
ボリュームを幾分抑え、架構も整理しました。

E01.jpg

変更後
E02.jpg


建築雑誌を眺めていたら、こんな文章を見つけました。
「付加断熱の鈍重な外観」(・・・を払拭する、と続くのですけど)
うーん、今どきの風潮からすると、
こんなふうに言われちゃいますかね~。

寒冷地の住宅では、躯体の断熱性能を上げるため、
付加断熱というのがかなり広まってきました。
壁なら、柱間にグラスウールを100ミリ入れて、さらに外側に100ミリとか。
(いろんなやり方・厚みがあります)
これに仕上げ材を入れると壁厚は300ミリくらいになります。
この家では、壁厚を利用して表情を出せれば、と思っています。

ところで、物の厚みや密度って、表面だけ見ても何となく伝わる気がします。
石、木、金属・・・
時々騙されますけど。


岩手山

IMG_1216.jpg

馬返し付近からの岩手山
桜はまだまだ

智内威雄さん

ドイツ留学中に、ジストニアという病のため右手にハンデキャップを負い、
その後「左手のピアニスト」として演奏活躍をされている方です。

先日、コンサートに行ってきました。
左手だけでの演奏とはとても思えない、
素晴らしい表現と迫力でした。

プログラムは多彩で、
第一次大戦後、戦争負傷者のために沢山作られたという
左手のための楽曲や、
智内さんのために書かれた現代音楽。(かっこよかった!)
印象的だったのは、「かごめかごめ」などの童謡。
ご自身が設立された「左手のアーカイブ」の初級用練習曲だそうで、
主旋律にほんの少しだけ和音をアレンジしたもの。
一音一音が深く響き、聴き入ってしまいました。

大迫の家

解体工事が始まっています。

建主さんと工務店も立ち合い、
切り離し部分(旧宅を一部残すので)、
とっておくもの、残すもの(植木とか)を確認しました。

P1090111.jpg
分別しながら。
地元大迫の業者さん、仕事が早い!

盛岡町家「旧暦の雛祭り」

12日日曜日の様子です。
お天気に恵まれ、たくさんの人出でした。

IMG_1191.jpg

IMG_1189.jpg

花見

福島「伊達の家」と仙台「秋保の家」の打ち合わせをしてきました。

途中、思い立って福島の「花見山公園」へ。
霧雨のなか、駆け足でのお花見でした。(ホントに駆けた)

IMG_1137.jpg
IMG_1136.jpg
IMG_1133.jpg

1軒の花卉農家が自宅前の山林をコツコツ開墾して苗木を植え、
無料で開放したのが始まりだとか。
今や一大名所となって、広い臨時駐車場からシャトルバスを運行、
臨時土産物屋がズラーッと並び、平日でもすごい賑わい。
多種多様な花々とちょっと生活感もある里山風景。
濃密でちょっと不思議で楽しい場所でした。
次は、晴れた日にたっぷり時間をとって運動靴でGO!

盛岡町家

週末は恒例の「旧暦の雛祭り」です。

↓クリック
2015盛岡町家旧暦の雛祭りチラシ表
2015盛岡町家旧暦の雛祭りチラシ裏

受付で「通行手形」(500円)をお求めくださいませ。
このお金は、雛祭り関する費用、盛岡町家保存活用や
歴史的町並み修景のために使われます。


女性建築士有志で、毎年このイベントのお手伝いをしています。
私も日曜日は番屋前で受付をします。
年に一度、この日は着物を着ます。
(枯れ木も山の賑わいってことで)

手前味噌

今年の味噌が出来ました。
地区内外の有志で、豆と米から育てたものです。

①豆・米洗い ②米麹づくり ③豆の煮上げ ④麹と煮豆の合わせ
と4日間に渡る工程。(私は①だけの参加)

FullSizeRender.jpg

これに重しをして、土用の頃に天地返し、9月にさらに切り返し、
11月頃には食べられるようになります。
ただし我が家では、3年熟成物をようやく食べ尽くしたところ。
在庫がまだまだたっぷりあります。
ちなみに、会員(労働参加)価格で10キロ1500円也。

Home > 2015年04月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top