Home > 2014年09月

2014年09月

窓まわり

掃除は面倒ですが、日射や視線のコントロール、
通風、スッキリ感、そして手頃なお値段と、
ブラインドはなかなかすぐれもの。
建て主さんにもついつい勧めてしまいます。
(ただし木製を。水洗いはできませんけど)

しかしカーテンももちろん素敵。
ですが、その世界のあまりの奥深さに
私はクラクラ、ぼーっとしてしまうので、
こだわりをお持ちのお客様はたいがいプロにお任せします。

こちらは、一昨年に竣工したお宅。
以下の窓まわりは、英国風スタイルがお好みとおっしゃる奥さまと
フォーライフ さんとのコラボ。


タイル張りのサンルーム
ブラインドは白ペイントの木製 ラダーテープにはグリーンの葉っぱ模様
そして左側のテラスドア+通風窓には、たっぷり長さをとったカーテン
これ、下のほうで白とグリーンの生地を切り替えてあるんですよ~


P1080028.jpg
プレーンシェードの内側に、カットレース(!)のカーテン
白オン白 タッセルも白  かわいい!


P1080030.jpg
子供部屋
透けるストライプ+自動車プリントのカーテン


そして、このコーナーの壁紙とファブリックはローラアシュレイのもの。
担当の方が仙台から現場まで打ち合わせに来てくれました。

P1080044.jpg
壁紙とレースカーテン、プレーンシェードとランプシェードは
お揃い!!

ブラインド掃除日和

もう何年も暮れの大掃除をしてません。
寒いし、ただでさえ忙しい(様な気がする)し、
気候のいい時期にやればいいさ、と。

しかし、気候のいい時期に大掃除なんか
や る わ け が な い。

という訳で、家じゅうだいぶ汚い。特に、窓、障子、ブラインド。
ずっと気づかないふりをしてきましたが、
素敵な秋晴れの9月21日日曜日、ついにブラインドを洗いました!

ブラインドの掃除って本当にめんどくさいですよね。
便利グッズも色々あるけど、それでもやっぱりめんどくさい。
なので、私は丸ごと外して芝生の上に広げ、
大きなブラシで丸洗いします。凸面のみ。洗剤は使いません。
水を切ったらもとに戻して、枯葉なんかを払っておしまい。
なぜ芝生の上かというと、大きくてお風呂には入らないし、
ウッドデッキとかもないし、芝生が一番広くてキレイそうだから。

何もかもが久しぶりなので、いろいろ苦労しました。
まず、最初の取り外し(ツメを外すタイプ、難しいですよね)
ホースの水漏れ、シャワーヘッドのゴミ詰まり・・・
しかし、2時間ほどで家じゅうのブラインドを洗い、
ホントに晴ればれ。

でもこのやり方は、巻き上げ部分等に不具合が生じたり、
スラット(羽)を折ったり、手を切ったりする可能性がありますから
やっちゃダメですよ。(って誰もやらないか。)
汚れがこびりつく前に、こまめにホコリを払う、これが一番。
(・・・出来ません)

P1080436.jpg







これは?

初秋の庭 エゴノキの枝に・・・
P1080411.jpg

みえる?
P1080410.jpg

ヘビの抜け殻でした。長さ1.5mくらい。
P1080412.jpg
ヘビ嫌いの方、ごめんなさい。

古箪笥

築120年の町家にあった箪笥を譲っていただきました。

裏面に、明治16年に発注して、21年に出来てきた、
というようなことが書いてありました。
小ぶりの抽斗が10個。
側板の厚みは6㎜。(ベニヤじゃないよ、木挽きの無垢材!)

一つずつに、薬、裁縫道具、領収書なんかを入れました。
軽くて出し入れもスムーズなので、
箱ごと引っ張り出して使うにも良い感じです。
P1080387.jpg

町家の改修

福島で、築120年の町家の改修計画がスタートしています。

先日、大工さんと一緒に壁や床の一部をはがしてみました。
昔からの部分と、あれこれ改修した部分が混在している様子。
そして、周囲の地盤がいつの間にか、かなりかさ上げされていて、
土台の一部は地盤面下に・・・
現在工事中の古民家(こちらも町家)と同じ。

P1070547.jpg

P1070564.jpg
おもしろい意匠。土台から上40センチほど銅板が貼ってあって、
その上には、大きな化粧幕板?

Home > 2014年09月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top