Home > 2014年06月

2014年06月

古民家改修2

少しだけ曳家をした古民家は、
無事新しい基礎の上に据え付けられました。
これでなんとか倒壊の危機からは脱した感じでしょうか?

このあと、防湿コンクリート、はがした床材の復旧等を行います。
この部分は「既存不適格」といって、
現行の構造基準を満たすことまでは求められませんが、
バランスの良い建物になるよう、耐力壁等の補強を行います。

P1070663.jpg

煙突

田老の家は、薪ストーブを設置します。
煙突はまっすぐ伸びて、
片流れ屋根の一番手前に立ち上がります。

雪の重みに耐え(沿岸とはいえ、時にドカ雪も)
なおかつ片流れ屋根とのバランスが良いように、
煙突の保護壁を途中まで立ち上げるスタイルにしました。

通常は板金工事で雪割れ(煙突裏側の谷間に
雪がたまらないように)を作りますが、
今回は保護壁自体を45度振ってみました。

こういうの、図面で書くのは簡単ですが、
職人さんは苦労します。

P1070648.jpg






買ったもの

仕事場の移動を機に、家具をいくつか新しくしました!

P1070418.jpg
ボビーワゴン
MoMA永久展示品ですと? こういうのに弱い。
ポケット部分に何を収納するか、イメージできないままに
購入しましたが、やっぱりうまく使えてません。
台所か洗面所で使うとしたら、いろいろ思いつくのですが。
それでも、使い気分は上々。だから名作なのか?
名作と思うから気分がいいのか?

P1070416.jpg
縦型平置き本棚
三谷幸喜さんも使っているとか?(たしか新聞コラムで読みました)
置台が小さいので(14×19センチ)
ハードカバーの本を置いて台を作ってから、
読みさしの雑誌とか買ったまま読んでない本とかを置いてます。
隣の黄色いのはスチールキャビネット。
十数年前、中古屋で5,000円で買いました。
最初スプレーペイントでめちゃくちゃ液だれしてしまい、
リムーバーで塗膜除去(これがまあ大変だった)
再度塗りなおしたという代物。

P1070411.jpg
ラック
これは便利。進行中案件のおもな資料がほぼ納まる!
今まではどうしていたかというと、
足元の段ボール箱&机の上に散乱。

あと、事務用の椅子も買ったのでですが、
これは色々と合わなかった、失敗。
大手事務用品通販で人気商品というのをぽちっとしたのですが・・・。
こういう肝心なものはやっぱり実物をみて決めないといけませんね。
ゆっくり探します。


事務所移転

といっても、自宅の2階から1階へ。
居間として使っていたタタミ敷きのスペースに仕事場を移しました。



仕事机の天板は、開業時からの30㎜厚ベニヤ。
収納棚の 3600×300×30ラワン無垢板3枚は、
25年前に結婚祝いとして頂いたもの。
最初はアパート住まいの本棚として、その後仕事場で使ってきました。
P1070412.jpg

収納棚を20~30%減らしたので、モノも結構捨てました。
もっとちゃんと整理すれば、半分くらいに減らせるんじゃないかな?
でも、ウェブカタログではなんだか物足りず、
分厚いカタログをペラペラしたいアナログ人間なので無理か・・・

棚を減らしたのは、正面の壁に飾ってあった房付キリムを
そのままにしたかったからです。

P1070431.jpg

週末は、小雨模様のなか大槌経由で田老まで北上。
山田湾にはたくさんの養殖いかだ。
ホタテやカキでしょうか?
P1070393.jpg

大槌の仮設にお住いの方に少しだけお話を伺いました。
移転先の土地は、まだ決まらないそうです。
でも、お父さんの漁が忙しい、と笑顔。

福島の家 インテリア

ソファを選ぶ際には、私も仙台の家具屋さんまで同行しました。
(帰り道だし。)

ご希望は、
「どうだぁっ、て感じじゃなくて・・・
それと、ルンバが下を通れること」
なるほど、それでは、と予定していたO家具はやめて、
カリモクのショールームへ。

選んだのは3人がけのシンプルなソファ。
それにヘッドレストとスツールをプラスしました。
パーソナルチェアは重心の移動だけで角度を決められるもの。
これにもオットマンをプラス。
スツールやオットマンはなかなか便利なアイテムだと思います。
寝椅子の一部として使ったり、人が増えたときは単独の椅子にもなります。

P1070266.jpg

手作りのクッションや、昔からある茶箪笥。
テレビ台は、とりあえず手持ちのBOXに古い家の神棚の板(!)
を渡しただけ、だそうです。
あとは、スタンドとラグをゆっくり探す予定。



Home > 2014年06月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top